当社は形見整理も致します | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら 080-3782-8767【24時間対応】

当社は形見整理も致します | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

当社は形見整理も致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故人と親交のあった人たちに遺品をわけあうことを「形見分け」といいます。現在は、「形見整理」で世間に知れ渡っています。なくなってから1ヶ月を過ぎたあたり、もしくは四十九日法要後にされることが多いです。実際に指輪や腕時計といったものを、遺族が形見として使ったり。衣類、家具なども分け合い親族や親交のあった人々で故人との思い出や、それぞれ遺品に思い入れがあればそのことについて語りあいながら、何日もかけ片付けます形見分けは故人の供養になるとも言われています。

 

a0011_000231

 

ところが最近では、少子高齢化や核家族化によって、一人暮らしをしている高齢者という方や賃貸住宅に山ほど詰まっている方などとても多くなっていますよね。そういった方たち亡くなられた場合は何日もかけてのんびりお片づけしよう!というのはなかなかいきません。賃貸住宅の場合なおさら、その月末までに明け渡さなければ、翌月も家賃を払わなければなりません。

家賃がかからないようにしようとするとお通夜や葬儀が終わるとすぐに形見整理をしなければなりません。最近では形見整理を行ってくれる業者もあります。すぐには時間を取れない。片身整理が出来ないという方は一度お見積り・お問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

お金はかかりますが、遺族の意見を重視し整理するので、ご遺族の方のお手間がかからず時間もそうかかりません。また、処分するものがある場合も、廃棄だけでなく買取も同時に行うことも出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。