働きざかり ゴミマンションを抜け出す | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら
080-3782-8767【24時間対応】

働きざかり ゴミマンションを抜け出す | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

働きざかり ゴミマンションを抜け出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴミ屋敷というと、体が不自由で自分で片付けが出来ない高齢の方がほとんどというイメージを持たれる方が多いと思います。

 

私達がゴミ屋敷の清掃をするのは、

住んでいた本人が亡くなり、親族が初めてゴミ屋敷になっていたことに気づくケース、1人で生活している高齢者の親族からの依頼などがあります

市長村に寄せられるのは、近隣住民からの相談がほとんどです。

 

実際、これまでよく見聞きするのが、高齢者のケースが多かったです。

 

しかしながら、先日テレビでも取り上げられていましたが、いわゆる“ゴミマンション”が増えている。その4割が働きざかりの50代未満という統計が出ていました。

30129ecac91d7903698b297560731cf3_s

 

 

ゴミ屋敷で生活していた方に、原因をお聞きしていると、精神的なストレがきっかけで片付ける気力も湧かなくなってしまう方が多いように思います。
働きざかりの世代では、仕事を終えて帰って寝るだけの過酷な生活をされている社会人の方は当てはま方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかしながら、どうにかしようと思っても 本音を吐き出す相手も余裕もない中で、ゴミが溢れた中で生活していることを誰かに相談するというのは至難の技のように思います。

その中で、第三者である、私達のような片付け業者に依頼する事は一つの解決策になると思います。

一度、これまでの生活をリセットして、これからの生活をじっくり考える時間を取り抜け出せているケースもあるようです。

59b77a0793ddf418d053279f47c6e02d_s

職場のストレスの中でも懸命に勤めを果たしている底力がある方々ですから、その力を少し自分のために使うきっかけができればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。