介護施設へのお引越し、誰に頼めば?? | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら
080-3782-8767【24時間対応】

介護施設へのお引越し、誰に頼めば?? | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

介護施設へのお引越し、誰に頼めば??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、施設への入居の引越し、片付けのご依頼が増えています。
なぜ、生前整理・遺品整理業者に引越しのご相談が来るのでしょうか?

 

ご自宅から介護施設への引越しは、普通の引越しとは大きく違いがあります。

 

①持っていけるものの量

アパートからアパート、一軒家から一軒家に引越す場合は、大体のものは持っていけます。
ただ、新しい住まいに余計なものを持ち込みたくないので、一部の不要なものは処分しようと考えるのが普通です。

 

引越し荷物 >> 処分する荷物 (一部の不要品)

 

 

一方で、老人ホームへ引っ越し、元の住まいを引き払うとなると・・・
持って行けるものはわずかです。

 

引越し荷物 << 処分する荷物 (家財のほとんど)

 

その分、処分する荷物が大量に残ることになります。

 

 

②引越し準備の精神的・身体的な負担が大きい

引越しの荷物を選ぶだけなら、まだ出来るかもしれません。

 

問題は、残った荷物をどう処分するか? ということです。

1807ce75140f35ad882abe0ea465bbca_s

丸ごと処分するだけなら不要品回収業者に頼めますが、長年住んでいた家です。大事なものが眠っているかもしれません。
処分する前に、一つ一つ見ようと思うと大変な労力です。

 

③いったい、誰が手伝ってくれるのか?

施設に引越すということは、多くの場合、本人は介護が必要で、身近に介護が出来る身内がいないことが前提です。
大量のもの、重たいものや、高いところのものもあります・・・介護が必要な高齢の方一人では到底できるものではありません。

1095966

 

・離れて暮らすご家族が手伝いに来られればよいのですが、それでも何日もかかります。
元のお住まいには、引越す本人だけでなく、家族一同がかつて過ごしていた大量の荷物が置いてあります。

 

・引越し業者がしてくれるのは、あくまで、引越しで持っていくと決めて荷物の梱包・運搬です。
その前の、「いる」・「いらない」と整理する作業は住んでいた本人がしなければなりません。

 

・ヘルパーの方は介護保険内の、限られた時間でお手伝いできることには限度があります。

 

 

そこで、ご家族、ヘルパー、成年後見人の方などから、いよいよ困ったと、私達、生前整理・遺品整理業者にご相談のお電話を頂く次第です。

3209905edf05c72f6d87be316289fb1c_m

一緒に時間をかけて整理するところから、ご不要品の処分・家の掃除・施設への引越しまで全てサポートできるので、お喜び頂いています。
施設へご入居の際はご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。