これからのこと | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら
080-3782-8767【24時間対応】

これからのこと | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

これからのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は自分にもしものことがあった場合、残された家族が困らないよう、自分が生きている間にいろいろな整理をしておき、書き記しておくエンディングノートというのが流行っていますよね。
このエンディングノートは一般的には高齢者の方が書き記すものとして知られていますが、なんと中高年や若い世代の方も、いざというときのためのエンディングノートを書いておくようにしているという方がいらっしゃいますが、生前整理のためや自分が亡くなったあとの遺品整理に困らないよう、エンディングノートを書いておくという方よりも、やはり一番の目的は家族に迷惑をかけたくないといった想いから書き記している方が多いようですね。

遺書とは違い法的な効力はありませんから、あくまでも自分の要望ということですね。終活の一部ということになります。様々な希望を書き留めるので、遺品整理における生前整理の一つとしてとらえることもできます。
生活をしながら、気が付いたことや気になったことなどを書き留めておくのが良いかもしれません。じっくり考えるよりも生活しながらのほうが、ふと思いつきやすいものです。また、病気や事故といったものは年齢に関係なく、若くても同じと言えます。そのため自分の意思を伝えるために年齢に関係なく、用意しておいた方がいいのかもしれません。健康保険における臓器提供の意思表示もこのひとつと考えられるかもしれませんね。

a0002_008522

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。