高齢者、相次ぎ孤立死か=民家や都営住宅に遺体―東京 | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら
080-3782-8767【24時間対応】

高齢者、相次ぎ孤立死か=民家や都営住宅に遺体―東京 | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

高齢者、相次ぎ孤立死か=民家や都営住宅に遺体―東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都墨田区の民家や都営アパートで12日、高齢者の夫婦や親子とみられる遺体が相次いで見つかった。警視庁は解剖して詳しい死因を調べるが、孤立死した可能性もある。

 警視庁向島署によると、12日午後1時すぎ、墨田区八広の民家近くの住民から「テレビの音が家の中から聞こえるが、ノックしても返事がない」と同署に通報があった。署員が駆け付けたところ、1階の居間のこたつ付近で高齢の男女の遺体が見つかった。

 2人は80代の母親と60代の息子とみられ、遺体に外傷はなく、死後10日ほど経過していたとみられる。病死の可能性もあるという。同署は身元の確認を進めるとともに詳しい死因を調べている。

 12日午後7時10分ごろには、墨田区文花の都営アパートの一室で住人の男性(79)と妻(87)の遺体が見つかった。向島署によると、男性は台所で、妻は浴室でそれぞれ死亡していた。外部から侵入された形跡はなく、郵便受けには3日分の新聞がたまっていた。同署は死因を調べている。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。