孤独死を迎えてしまった場合 | 関西遺品整理センターブログ

0120-79-8818

お急ぎの方はこちら
080-3782-8767【24時間対応】

  • 電話アイコン
  • LINEアイコン
  • お問い合わせアイコン

孤独死を迎えてしまった場合 | 関西遺品整理センターブログ

ブログ

孤独死を迎えてしまった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孤独死を迎えてしまった場合
日本では超高齢社会を迎えており、それに伴い、さまざまな社会問題が浮き彫りになってきています。中でもやはり目立って問題になっているのが、高齢者の孤独死といったことではないでしょうか。
長年、賃貸アパートなどで一人暮らしをしており、年老いてからは年金だけでずっと生活をしていた方が、誰も気づかぬ間に、一人で息絶えてしまっていたというケースがとても増えているようです。
また、年金だけでは生活が出来ないため、生活苦に陥り、自分の部屋で自殺してしまうといった方の数も年々増加傾向にあります。こういった孤独死を迎えられてしまった方の場合、あとあとの部屋の片付けや遺品整理などは、親族の方がされることになりますが、ほとんどの場合、家族や身寄りがないケースが多く、いたとしてもほぼ面識のない遠い親戚のような親族が部屋の遺品整理をすることになります。
孤独死された場合、ご遺体の損傷が激しい方が多く、そのため、一般の方が清掃できるレベルのものではありません。臭いが部屋にしみこんでしまい、特殊清掃をしない限り、その臭いをとることができません。
a0960_006710

こういった場合は、やはり遺品整理士がいるちゃんとした遺品整理の専門業者に依頼するほうが、精神的にも良いといえるでしょう。専門の業者の場合、事件現場特殊清掃士が在籍している会社もありますので、そういった業者を探し、依頼すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の筆者

関西遺品整理センター

大阪・京都・兵庫など関西一円で遺品の整理・回収を行っております。 大切なご家族の遺品を心を込めて
整理し、責任を持って作業いたします。 1部屋から1軒家まで、故人様の遺品の量に関わらず、
丁寧なサービスを提供いたします。 また、遺品整理・生前整理のみならず、お仏壇の供養、相続、
リフォーム、特殊清掃など、お困りごと全般をサポートさせていただいています。